塗装のタイミング | 外壁塗装の事を知って長く住宅を維持しよう

外壁塗装の事を知って長く住宅を維持しよう

古い家キレイにしません?

塗装のタイミング

赤い部屋

住宅を維持するのに大切になってくる外壁塗装ですが、塗装するタイミングや時期は素人にはわかりづらい特徴があります。
ちょうど塗装タイミングだったとしてもそのサインに気付かず、過ごしてしまうと住宅維持に大きく欠点が出来てしまいます。
折角建てた住宅です。長く維持したいというのが誰しもの思いでしょう。
外壁するタイミングは適切な時期を調査してくれる専門の会社や施工会社に依頼すると、見積時に調べてくれます。
また外壁塗装工事をせずに調査だけの依頼だと無料で行ってくれる場合も数多く存在します。
個人で見極めるのが難しい場合は素直に依頼するのが確実と思われます。

しかし、依頼するのが億劫という方もいることでしょう。
幸い塗装するタイミングは外壁の劣化の度合いである程度知ることが可能です。
外壁は自然環境に耐えずさらされるため顕著にその影響が現れます。
まず外壁の艶が建てた当時より無くなっていないか確認する必要があります。もし艶がない場合はコーティング剤の剥がれが疑われます。
外壁を手で触れた時に白い粉(チョーキング現象)が付く場合も劣化が疑われます。白い粉の正体は剥がれた塗料の可能性もあり、外壁そのものが晒されてしまっている状況かもしれません。
一番わかり易い例としては、壁にヒビが入っているかどうかです。ヒビが入っている場合は劣化というより損傷に近い状態なため、早急に新しく外壁塗装をする必要があるでしょう。
劣化のサインが見つかったら早急な対応が必要でしょう。外壁塗装をしてくれる施工会社に見積もりをするだけでも現在の状態がわかります。

↑ PAGE TOP